2011年

  • 論文
    1. Y. Maeda, Y. Futamura and T. Sakurai, “Stochastic estimation method of eigenvalue density for nonlinear eigenvalue problem on the complex plane”, JSIAM Letters, 3, 61-64, 2011
    2. L. Du, T. Sogabe, and S.-L. Zhang, “A variant of the IDR(s) method with quasi-minimal residual strategy”, J. Comput. Appl. Math., 236, 5, 621-630, 2011, (DOI:10.1016/j.cam.2011.07.027)
    3. L. Du, T. Sogabe, B. Yu, Y. Yamamoto and S.-L. Zhang, “A block IDR(s) method for nonsymmetric linear systems with multiple right-hand sides”, J. Comput. Appl. Math., 235, 14, 4095-4106, 2011, (DOI:10.1016/j.cam.2011.02.035)
    4. L. Du, T. Sogabe, S.-L. Zhang, “Quasi-minimal residual smoothing technique for the IDR(s) method”, JSIAM Letters, 3, 13-16, 2011
    5. T. Miyata, Y. Yamamoto, T. Uneyama, Y. Nakamura and S.-L. Zhang, “Optimization of the Multishift QR Algorithm with Coprocessors for Non-Hermitian Eigenvalue Problems”, East Asian Journal on Applied Mathematics, 1, 2, 187-196, 2011, (DOI: 10.4208/eajam.300510.250311a)
    6. 山下達也, 宮田考史, 曽我部知広, 星健夫, 藤原毅夫, 張紹良, “一般化固有値問題に対するArnoldi(M, W, G) 法”, 日本応用数理学会論文, 21, 3, 241-254, 2011
    7. 今村俊幸, “CUDA環境下でのDGEMV関数の性能安定化・自動チューニングに関する考察”, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, 4, 4, 158-168, 2011
    8. T. Imamura, S. Yamada and M. Machida, “Development of a High Performance Eigensolver on the Peta-Scale Next Generation Supercomputer System”, Progress in Nuclear Science and Technology, the Atomic Energy Society of Japan, 2, 643-650, 2011
    9. Y. Yamamoto and Y. Hirota, “A parallel algorithm for incremental orthogonalization based on the compact WY representation”, JSIAM Letters, 3, 89-92, 2011
    10. H. Teng, T. Fujiwara, T. Hoshi, T. Sogabe, S.-L. Zhang and S. Yamamoto, “Efficient and accurate linear algebraic methods for large-scale electronic structure calculations with nonorthogonal atomic orbitals”, Phys. Rev. B, 83, 165103, 12, 2011, (DOI:10.1103/PhysRevB.83.165103)
    11. T. Sogabe and S.-L. Zhang, “An extension of the COCR method to solving shifted linear systems with complex symmetric matrices”, East Asia J. on Appl. Math., 1, 97-107, 2011
  • 国際会議招待講演
    1. S.-L.Zhang, A. Imakura and T. Sogabe, “GMRES(m) method with Look-Back restart for solving nonsymmetric linear systems”, the 2011 Workshop on Scientific Computing, Macau, December 10-12, 2011
    2. S.-L.Zhang, T. Miyata, T. Sogabe and T. Yamashita, “An Arnoldi-like Approach for Generalized Eigenvalue Problem”, The 8th International Conference on NTmerical Optimization and Numerical Linear Algebra, Xiamen, China, Nov. 7-11, 2011
    3. S.-L.Zhang, A. Imakura and T. Sogabe, “Look-Back GMRES(m) for Solving Nonsymmetric Linear Systems”, Department of Mathematics, National Sun Yat-sen University, Gaoxuong, Sep. 21, 2011
    4. S.-L.Zhang,T. Miyata,T. Sogabe and T. Yamashita, “An Arnoldi( M, W, G ) Approach for Generalized Eigenvalue Problems”, National Center of Theoretical Science & Department of Mathematics, National Cheng Kung University, Tainan, Sep 20, 2011
    5. S.-L.Zhang, A. Imakura and T. Sogabe, “Look-Back GMRES(m) for Solving Nonsymmetric Linear Systems”, Department of Mathematics, National Taiwan University, Taipei, Sep. 19, 2011
    6. S.-L.Zhang and T. Sogabe, “Iterative Solutions of Large Nonsymmetric Linear Systems “—, Two Attempts to Improve Bi-CG —””, Taida Institute for Mathematical Sciences National, National Taiwan University, Taipei, Sep. 16, 2011
    7. S.-L.Zhang and T. Miyata, “A Projection Approach Based on the Residue Theorem for Generalized Eigenproblems within a Multiply Connected Domain”, Center of Mathematical Modeling and Scientific Computing, Chiao Tung University, Taiwan, Sep. 15, 2011
    8. Takafumi Miyata, “Jacobi-Davidson Type Methods for Eigenvalue Problem”, International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications -20th NLA seminar-, Shanghai, China, Jul. 2011
    9. T. Sakurai, “Scilab for mathematical education and high performance computing”, European pole of competence in high performance simulation TERATEC 2011, Ecole Polytechnique, Palaiseau, France, June 29, 2011
  • 国内会議招待講演
    1. 張紹良,宮田考史, “多重連結領域内の固有値計算に対する一つの試み”, 大規模計算コロキウム, 岐阜, 2011年9月8-9日
    2. 星健夫, “電子状態計算から見た自動チューニングへの期待”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14-16日
    3. 櫻井鉄也, “大規模並列環境向けの固有値解析ソフトウエア開発”, 第3回自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム, 東京大学小柴ホール, 2011年12月5日
  • 国際会議口頭発表
    1. S. Yamada, T. Imamura, M. Machida, “Parallelization Design for Multi-core Platforms in Density Matrix Renormalization Group toward 2-D Quantum Strongly-correlated Systems”, ACM/IEEE the International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis, Seattle WA, USA, Nov. 17, 2011
    2. T. Hoshi, S. Nishino, Y. Zempo, S. Yamamoto, T. Fujiwara, T. Sogabe, S.-L. Zhang and M. Ishida, “Large-scale electronic structure calculation with ELSES and its application to conjugated polymer”, Seventh Congress of the International Society for Theoretical Chemical Physics (ISTCP-VII), Waseda, Tokyo, Japan, Sep. 2-8, 2011
    3. Y. Hirota, Y. Yamamoto, S.-L. Zhang, “Cache optimization of a non-orthogonal joint diagonalization method”, International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications, Tongji University, Shanghai, China, June 30-July 4, 2011
    4. L. Du, T. Sogabe, S.-L. Zhang, “A variant of the IDR(s) method with quasi-minimal residual strategy”, The 7th East Asia SIAM Conference & RIMS Workshop on Methods in Industrial and Applied Mathematics, Waseda University, Kitakyushu Campus, Kitakyushu, Fukuoka, Japan, June 27-29, 2011
    5. T. Miyata, L. Du, T. Sogabe, Y. Yamamoto, S.-L. Zhang, “A Projection Approach to Complex Eigenvalues of a Specified Absolute Value”, The 7th East Asia SIAM Conference & RIMS Workshop on Methods in Industrial and Applied Mathematics, Waseda University, Kitakyushu Campus, Kitakyushu, Fukuoka, Japan, June 27-29, 2011
    6. T. Fukaya, Y. Yamamoto, S.-L. Zhang, “Automatic Performance Tuning for the Blocked Householder QR Algorithm”, Automatic Performance Tuning for the Blocked Householder QR Algorithm, Waseda University, Kitakyushu Campus, Kitakyushu, Fukuoka, Japan, June 27-29, 2011
    7. Y. Nakamura, “Modified Block BiCGSTAB for Lattice QCD”, The XXIX International Symposium on Lattice Field Theory, Squaw Valley, California, USA, July 10-16, 2011
  • 国内会議口頭発表
    1. 西野信也, 藤原毅夫, 山崎久嗣, 山本智, 山元進, 星健夫, “Li4GeS4、Li3PS4中Liイオンのダイナミックス: 第一原理電子構造計算および長時間(ns)タイトバインディング分子動力学計算を用いた解析”, 第37回固体イオニクス討論会, 鳥取, 2011年12月7-9日
    2. 今倉暁,櫻井鉄也,住吉光介,松古栄夫, “超新星爆発計算のための減速Jacobi型前処理”, 研究会「素核宇融合による計算基礎物理学の進展」, 三重県志摩市合歓の郷, 2011年12月3-5日
    3. 今倉暁,櫻井鉄也, “減速定常反復型前処理付きKrylov部分空間法のための減速パラメータ推定法”, 行列・固有値研究部会第12回研究会, 国立情報学研究所, 2011年11月21日
    4. 廣田悠輔, 山本有作, 張紹良, “非直交同時対角化アルゴリズムのハイブリッド戦略についての検討”, 日本応用数理学会「行列・固有値の解法とその応用」研究部会 第12回研究会, 国立情報学研究所, 2011年11月21日
    5. 多田野寛人, “高精度近似解を生成するBlock Krylov部分空間反復法とその安定化”, 第1回計算力学シンポジウム, 日本学術会議, 2011年11月11日
    6. 山崎育朗,多田野寛人,櫻井鉄也, “Cutoff を用いた前処理のパラメータ選択”, 並列固有値解析研究会, 伊香保温泉旅館 よろこびの宿しん喜, 2011年11月4日
    7. 山田進,今村俊幸,町田昌彦, “密度行列繰り込み群法の大規模並列化:超並列計算機向きの通信手法の提案”, 並列固有値解析研究会, 渋川市, 2011年11月4日
    8. 今村俊幸,山田進,町田昌彦, “ポストペタスケール環境向け再帰的階層化固有値計算アルゴリズムのための実装技術”, 並列固有値解析研究会, 渋川市, 2011年11月4日
    9. 櫻井鉄也, “耐障害性を考慮した大規模並列環境向けの固有値解法”, RIMS研究集会「科学技術計算における理論と応用の新展開」, 京都大学数理解析研究所, 2011年10月26日
    10. 今倉暁,曽我部知広,張紹良, “シフト線形方程式に対するリスタート付きKrylov部分空間法”, RIMS研究集会「科学技術計算における理論と応用の新展開」, 京都大学 数理解析研究所, 2011年10月25-27日
    11. 山本有作, “ハウスホルダー変換に基づく直交化法の最近の進展 ~ 並列計算・高性能計算の観点から ~”, 京都大学数理解析研究所研究集会, 京都大学, 2011年10月25日
    12. 櫻井鉄也, “次世代スーパーコンピュータの性能を引き出す計算アルゴリズムデザイン”, コンピュータサイエンス特別シンポジウム「数値解析ソフトウェアの発祥と発展?研究と教育への応用」, 筑波大学筑波キャンパス, 2011年10月20日
    13. 西野信也, 藤原毅夫, 山崎久嗣, 山本智, 山元進, 星健夫, “Li4GeS4 の量子分子動力学シミュレーション”, 第52回電池討論会, 東京, 2011年10月17-20日
    14. I. Yamazaki, H. Tadano, T. Sakurai, “A parameter selection for a preconditioner using a cutoff for Krylov subspace methods”, ASE研究会, 東京大学情報基盤センター, 2011年10月13日
    15. 今村俊幸, “大規模計算におけるEigenシリーズの応用と可能性”, 第4回大規模計算ワークショップ ~ マルチプラットフォームの大規模数値シミュレーションを支援するフレームワークの構築 ~, 理化学研究所和光キャンパス, 2011年9月21日
    16. 西野信也,藤原毅夫,山崎久嗣,山本智,山元進,星健夫, “イオン液体/リチウム塩電解質の量子分子動力学シミュレーション”, 日本物理学会, 富山大学, 2011年9月21-24日
    17. 今村俊幸, 山田進, 町田昌彦, “ポストペタ時代の超並列固有値ソルバー開発”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月15日
    18. 山本和磨,櫻井鉄也, “量子ドットシミュレーションにおける多項式固有値問題の並列解法”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14日
    19. 古庄茉紀,櫻井鉄也, “非線形固有値問題に対するTDS Arnoldi-SSハイブリッド解法”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14日
    20. 白砂渓, 櫻井鉄也, “周回積分を用いた固有値解法の耐障害性について”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14日
    21. 内藤理大,櫻井鉄也,多田野寛人, “IDR(s) 法における残差停滞の回避方法について”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14日
    22. 今倉暁,曽我部知広,張紹良, “Restarted Shifted GMRES法の収束の振る舞いに関する考察 — 収束の安定化に向けて –“, 日本応用数理学会 2011年度年会, 同志社大学, 2011年9月14-16日
    23. 山本有作, “TSQRアルゴリズムで生成されるコンパクトWY表現の合成について”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月14日
    24. 今村俊幸, “GPGPUで数値計算ソフトウェアはどこまで加速するか”, 大規模計算コロキウム, 岐阜市文化産業交流センターじゅうろくプラザ, 2011年9月8日
    25. 内藤理大,櫻井鉄也,多田野寛人, “IDR(s)法における残差停滞の回避方法について”, 2011年並列/分散/協調処理に関する『鹿児島』サマー・ワークショップ(SWoPP鹿児島2011), かごしま県民交流センター, 2011年7月27日
    26. 今倉暁,曽我部知広,張紹良, “Restarted Shifted GMRES法の収束の安定化に向けての試み”, 2011年並列/分散/協調処理に関する『鹿児島』サマー・ワークショップ(SWoPP鹿児島2011), かごしま県民交流センター, 2011年7月27-29日
    27. 櫻井鉄也, “大規模固有値問題の並列解法とその応用”, HPCI戦略プログラム 分野2×分野5 異分野交流研究会, 筑波大学筑波キャンパス, 2011年7月26日
    28. 宮田考史, “大規模固有値問題の数値解法”, 東京大学数値解析セミナー, 東京, 2011年7月
    29. 前田恭行,二村保徳, 櫻井鉄也, “非線形固有値問題における複素平面上での大域的固有値分布推定”, 第40回数値解析シンポジウム, 鳥羽シーサイドホテル, 2011年6月22日
  • 国際会議ポスター発表
    1. S. Nishino, T. Fujiwara, H. Yamasaki, S. Yamamoto, T. Hoshi, “Electronic structure calculations and quantum molecular dynamics simulations of the ionic liquid PP13-TFSA”, the 18th International Conference on Solid State Ionics, Warszawa, Poland, July 3-8, 2011
    2. Y. Futamura, T. Sakurai, “A Memory Saving Technique for a Resolvent Based Sparse Eigensolver, Scalable Eigensolver for Electronic Structure Calculations on Hierarchical Parallel Computers”, The 7th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, Vancouver, Canada, July 19, 2011
    3. S. Nishino, T. Fujiwara, H. Yamasaki, S. Yamamoto, T. Hoshi, “Quantum Molecular Dynamics Simulation of the Ionic Liquid PP13-TFSA Doped with LiTFSA”, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry – Electrochemical Frontiers in Global Environment and Energy, Niigata, Japan, Sep. 11-16, 2011
    4. S. Nishino, T. Fujiwara, H. Yamasaki, S. Yamamoto, T. Hoshi, “Li ion dynamics in Li4GeS4 and Li4GeP4: First Principle Electronic Structure Calculation and Long Time Tight Binding Molecular Dynamics Simulation”, The 14th Asian Workshop on First-Principles Electronic Structure Calculations, Tokyo, Japan, Oct. 31-Nov. 2, 2011
  • 国内会議ポスター発表
    1. 山本和磨, 櫻井鉄也, “量子ドットシミュレーションにおける多項式固有値問題の並列解法”, 第40回数値解析シンポジウム, 鳥羽シーサイドホテル, 2011年6月21日
    2. 内藤理大,多田野寛人,櫻井鉄也, “IDR(s)法における残差停滞の回避方法について”, 第40回数値解析シンポジウム, 鳥羽シーサイドホテル, 2011年6月21日
    3. 深谷猛, 山本有作,張紹良, “ブロックQR分解アルゴリズムの性能最適化, -ブロック化による性能向上についての考察-”, 第40回数値解析シンポジウム(NAS2011), 鳥羽シーサイドホテル, 2011年6月21日
    4. 杜磊,曽我部知広,張紹良, “IDR(s ) for solving shifted linear systems”, 第40回数値解析シンポジウム, 鳥羽シーサイドホテル, 2011年6月21日
    5. 今倉暁,曽我部知広,張紹良, “シフト線形方程式に対するリスタート付きKrylov部分空間法のための新しい最小残差条件”, 2011年度数値解析研究集会, 少年自然の家八ヶ岳荘, 2011年9月5-7日
    6. 前田恭行,二村保徳,櫻井鉄也, “非線形固有値問題における複素平面上での大域的固有値分布推定”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月15日
    7. 平野光, 多田野寛人,櫻井鉄也,池田亮作,日下博幸, “局所気象シミュレーションで現れる線形方程式に対する前処理の評価”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月15日
    8. 二村保徳,多田野寛人,櫻井鉄也, “複数右辺べクトルをもつシフト線形方程式に対する共役勾配法とその応用”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月15日
    9. 山崎育朗,多田野寛人,櫻井鉄也, “Cutoffを組み合わせた前処理について”, 日本応用数理学会2011年度年会, 同志社大学今出川キャンパス, 2011年9月15日